まつつ
07/13/2023 4:17 PM

こんにちは。
いつもこちらのサイトの内容や情報を参考にさせて頂いています。
とても参考になる内容で勉強になっています。
ありがとうございます。

今回お伺いしたいのは、モナッシュ大学のアプリなどFODMAP食品を解説するサイトやアプリなどで、
FODMAP食品の1食あたりの摂取量について分析されていると思うのですが、
あれはそのまま1日あたりの低FODMAPの最大摂取量と考えたほうがいいのでしょうか?

例えば、サツマイモであれば、たいていのサイトやアプリで、
・75g以下ならば、低FODMAP
・100以上で、中FODMAP
と書かれています。

これは1食あたりだと思うのですが、例えば、75gのサツマイモを3食食べた場合、高FODMAPになってしまうのでしょうか?

またサツマイモであれば、マンニトールという成分がFODMAPに当たると思うのですが、
例えば、サツマイモ75gと同じくらいのマンニトール量を含む食べ物、及び、サツマイモ75gを1食で食べた場合、それは合わせ技で高FODMAPになってしまうのでしょうか?

ご存じの方がいれば、教えて頂けるとありがたいです。

トークにコメントする

2件のコメント(新着順)

ちゃこ(Monash低FODMAP栄養士コース修了)

ちゃこ(Monash低FODMAP栄養士コース修了)
07/14/2023 4:52 PM

まつつ様

初めまして!運営事務局のちゃこです。

ご質問頂き有難うございました!回答させて頂きます。

●1日あたりの摂取量について
まつつ様の仰る通り、モナッシュ大学アプリなどでは食品のFODMAPの判定を1回の食事における標準的な量を想定して分析しています。
なのであくまで1食分であり、1日あたりの最大摂取量とはなりません。

しかしながら、長い時間を掛けて腸でゆっくりと吸収されるFODMAPもありますので、食事や間食のインターバルは3~4時間設けることが望ましいと考えられます。

ですので、例えば75gのサツマイモを朝7時・昼12時・夜19時といった具合に食べた場合は高FODMAPにならずに済むと思われます。

●食材の食べ合わせ方によるFODMAP量
モナッシュ大学アプリで示される食品の低FODMAP量というのは「食品単体で見た時に〇gでは低FODMAPである」ことを意味しているので、食材の食べ合わせる量によっては高FODMAPになる可能性があります。
まつつ様の仰る通り、サツマイモ75g単体であれば摂取するマンニトール量は低FODMAPの範囲内ですが、もし同時にマンニトールを含む食材も食べていた場合は高FODMAPになる可能性がありますので注意が必要です。

ちなみに、モナッシュ大学での分析で使用されている海外のサツマイモと比べて日本のサツマイモは品種によっては糖度も高く、FODMAPも多くなっている可能性がありますので、そちらもご留意頂ければと思います。

まつつ

まつつ
07/16/2023 8:35 AM

ちゃこ様

大変ご丁寧なお返事ありがとうございます!
詳細に書かれており、めちゃくちゃ参考になりました!
サツマイモが大好きなので、大変助かりました。
ありがとうございます!

  • このトピックに返信するにはログインが必要です。